So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

階段室壁面に木を張る [DIYマイホーム]

長い間未完成であった階段室壁面を完成させることにしました。

壁の余材を使い尽くしてもまだ不足するので、床材の余材も使い切ることにします。

RIMG3378.JPG
雨の合間を縫って、車庫内に資材を搬入したらスライドソーの出番です。

RIMG3379.JPG
階段踏み板との取り合い部分は手のこで加工します。


RIMG3380.JPG

最初は、厚さ2cmの床材を使って張り上げていきます。

階段の加工が必要な部分をクリアーしました。

RIMG3385.JPG
床材の余材で、この高さまで張りあげることができたので、これから上は壁用のパネリング材を貼り進めます。

RIMG3387.JPG
床材と壁材(道産松材)は、厚さも実(さね)の形状も違うので、この一列だけは

RIMG3388.JPG
毛引きを使って、背面の実を切り取って、下見板風に床材の上から重ね張りします。

RIMG3390.JPG
ハネ材の寄せ集めなので、節や模様を均等に散らすようにするのに気を使う(笑い)
壁松材はこれで使い切りましたので、これから上は、北欧もみのパネリング材を張っていきます。

RIMG3394.JPG
北欧もみのパネリング材を所定の高さまで張って、その上に2×4材で棚の枠を作って乗せる。
これは物を載せるためより、高い天井や天窓のメンテナンス作業のさいの足場サポートが欲しかったからです。
枠が歪んでいたので、低い部分をサポートリフターで持ち上げてコーススレッドで止めた。

RIMG3395.JPG
サポートリフターは、天井にボードを張る際や壁に重量物を取り付ける際の補助具で290cmまで物を持ち上げることができます。

CA390872.JPG
下から見上げると、棚の根太の構造材が結構インパクトがあっていい感じなので、パネリング材で覆い隠すのが惜しくなってきた。
現し仕上げにするには、2×4余材の汚れやサインペンのマークが気になってきて、結局新材で作り直してしまいました。

CA390873.JPG
それで、方針を変更して棚枠の上面にパネリング材を載せて止めていくことにします。
枠は間柱にしっかり固定したので、その上に乗っても大丈夫。

CA390874.JPG
作業は順調に進み。

CA390875.JPG
ほぼ完成。!
見上げるとこの景色、悪くないです^^

RIMG3400.JPG

RIMG3399.JPG

この高さに頑丈な棚ができると、簡単に足場板を渡すことができるので、今後安全に天窓のメンテナンスもできるようになりました。



nice!(26)  コメント(12) 

格安レーザー水準器 [DIYマイホーム]

階段室の壁を板張りにするためレーザー水準器を使うことにした。

RIMG3374.JPG
本体と三脚を含めて7,000円程度の廉価品ですが、これがなかなか良いのです。

RIMG3371.JPG
階段の中段から水準線をマークします。
どのような仕掛けかわかりませんが、自動水平調整機能を持っていて、かなりの精度を発揮します。
レーザーの幅は2~3mmほどありますが、大工仕事では全くOKの範囲で、老眼にはむしろ見やすいくらいです。

RIMG3370.JPG
水準器の位置を階段上部に移して水準線をマークします。
脚立などの障害物があっても作業に全く問題なし!


RIMG3366.JPG
三脚の脚とエレベーターを最高に伸ばして、壁上部の水準線をマークしたら壁面のマーク完了です。
これで正確な横板張りが可能になりました。

おもちゃのようなレーザー水準器の購入目的は、将来いつの日かのヒコーキ造りを夢見たものでしたが
今回たまたま、初仕事になりました。

61-e47+OTsL._SL1000_.jpg

意外にも高性能で、いずれにしても、もう水盛缶を使う気にはなりません。^^

nice!(22)  コメント(8)