So-net無料ブログ作成
スワップ派の投資戦略 ブログトップ

9月6日  デモトレード再開 [スワップ派の投資戦略]

米住宅販売保留指数が’01以来の低い数字を発表したことで、NYは株も為替も大幅に下落しています。 ZARも大幅に下げているがなかなか、希望の15.80以下になってくれません。
最近、ZARは15.9~16.3のレンジで動いているようなので、スウィング的には、そろそろ買いたいところ。

それにしても USD/ZAR がなぜか上げている?
米国不況でUSDが売られているというのに?  通常は、下げて当然

ひょっとして、エマージング通貨のZARがUSDに比べて売られ過ぎているのが原因ではないのか?

そう考えると、早朝なのにいても立ってもいられない。

ロートレーの不敗トレードのスキームは15.80以上の買いは禁止 で動けない。

そこでここは、デモ取引再開で、ZAR/JPY 100万通貨成り行き買いと行こう!

これですっきり、モヤモヤ解消、うまくいったら褒めてください


 つたない本ブログに はるばるお運びいただきました皆様 ありがとうございます!
きょうの記事の内容は、如何だったでしょうか? またお越しいただけそうであれば応援のクリック                         をお願い致します.

         

 皆様のご支援で、ポプロ新着ランキングで堂々の4位に躍進しました。アリガトー


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:マネー

 私が RAND を選んだ理由 [スワップ派の投資戦略]

大切なメイン取引通貨をなぜ、ミーハーでエマージェンシーな RANDにしたか?

まず高金利

現在南アランドの通貨ZARは金利10%なので、レバレッジ10倍で資金運用すると資金は年に2倍になる計算です。
私が好きな為替王のブログ(HPなのかも)では、安全な運用は、レバ 2~3倍を薦めていました。が
私は、自分で、余資の管理をしっかり出来れば、10倍くらいまでは何とかやれそうと目論んだ。

値動きがトリッキーでない。

これは、見方によりけりですが、NZDのように要人発言に振り回されたり、固有の要因で何ヶ月も下げ続ける癖がある通貨はエントリーが難しい。
GBPは魅力的だが、じゃじゃ馬で、私には乗りこなす自信がない。今から落馬はしたくない。
その点、ZARは、USD/JPYと連動性が高い。なんとか動きに説明がつく。
USD/JPYの情報には事欠かない。
エマージェシーで振幅が大きいところをむしろ狙って、評価益も得たい。

取り扱い通貨数

たくさんの通貨の動きを読んで発注・管理できるほど私の能力は無い。(残念ながら、毎年低下している)ので今からせいぜい、3通貨くらいに絞っておきたい。

とり合えずいまは、RANDに注力したいとの思いから選択したもので、決して、イチかバチの勝負を望んでいる訳ではありません。

 

つたない本ブログに はるばるお運びいただきました皆様 ありがとうございます!
きょうの記事の内容は、如何だったでしょうか?
当ブログは、バーナー広告の少ない、中身の濃いブログを目指しています。
記事の継続を望まれる方は下記をクリック下さい。

                           

 皆様のご支援で、ポプロ人気ランキングで堂々の同率8位に躍進しました。
あと1ポチでいっきょに6位に躍進です。応援たのむ~!


 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:マネー

9月9日 作戦変更 仕切り直し [スワップ派の投資戦略]

土日はFX戦士の休息日

今日は、頭を冷やして戦術を練り直すため、FXブログのネットクルーズをしてみた。

謙虚に読めば、多くのヒントに出会うことが出来た。

ロスカットをくわないで、ポジションを持ちきる(守る)ために多くの工夫がなされていた。

① 約定価格を出来るだけ低く抑えるため、極端に低価格に買い指値して、じっと待ち続ける。
② レバレッジをせいぜい2~3倍に抑えて急落を耐え忍ぶ。年利2~3割を目標にする。
③ ポジションを建てる際に、常に、ストップロスを設定して生き残る。
④ 評価益が一定の水準を超えたら、利益確定して次のチャンスを待つ。
⑤ 反相関にある通貨ペアを組み合わせて暴落にそなえる。
⑥ 変動の激しいクロス円を避けて、円を含まない通貨ペア(ポンスイとか)でポジションをとる。
    等等

では、今回、私はどうすると良かったのだろう ?

① については、私は暴落を4月も待ち続け、ほぼ底値圏で買い付け出来たと思っている。
② について、私のレバレッジは約10倍~15倍であったが、無謀だったのだろうか?
  レバレッジを落として、下落に耐え忍ぶ行為は、相場が約定平均を下回ったときに初めて必要
    な行為であって、
元本確保のため事前に決済(ヘッジ)して対処できたら、レバレッジの倍率は関係な い。のではなかろうか。
③ これはクリアーした。
 今回の最大の反省点は、ここにあると思う。
  2週間で、230万円の評価益(自己資金の140%の利益)を上げながら、スワップの通
年取得に拘って、利益確保を怠ったことだと気が付いた。 
 
  もし、この時点で、半分を利確していれば、レバレッジは5倍に下がり、相場が取得平均単価以
   下に下押しても更に110万円以上 下落しない限り元本を割ることが無い。
  しかも残ったZAR100万通貨で年144万円スワップ金利も稼げるのだ。
⑤、⑥は運用資金が大きくなったときに考慮するとよいことだ。

ここまで、検証したら、昨日の消沈は、なんだったのだろうと思えるようになってきた。

儲け損なった落胆が原因ならば、トレード方法を手直しすればよいことで、まだまだ、塞翁が馬
挽回は十分出来ると気が付いた。

相場が更に下がれば、お宝ポジを構築する絶好のチャンス到来ではないか。

ロートレーは月曜日からまた、再起を期してトレード再開します。!

 

 つたない本ブログを 最後までお読みいただき ありがとうございます!
きょうの記事の内容は、如何だったでしょうか?
当ブログは、バーナー広告の少ない、中身の濃いブログを目指しています。
記事の公開継続を望まれる方は下記をクリック下さい。

                        

 皆様のご支援で、ポプロ人気ランキングで堂々の同率3位に躍進しました。
応援有難うございます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
スワップ派の投資戦略 ブログトップ