So-net無料ブログ作成
NA6ロードスター修復 ブログトップ
前の5件 | -

NA6サイドシルの腐食は命取り! [NA6ロードスター修復]

uiw23e23.JPG
NA6CEロードスターをエコでスタイリッシュな買い物カーとして20年間乗り続けてきました。

oiu.JPG
2~3年前から、リヤフェンダーのサイドシル部分の塗装が膨らんできていて、気にはなっていたのですが、怖くて見ない振りしていたが、今朝よく見ると

CA392991.JPG
うっわ~ 皮膜が破裂してる~  これはまずい、ここまできたということは内部の構造部分もかなりいってしまっている可能性がある。


uiw.JPG

改めて調べてみると、NAシリーズのサイドシルは水抜きとして使用しており、リヤサイドシルは特に腐食が発生しやすいことで有名だった。

 Auto Repair Galleryから抜粋 ・・・・・・・・・

>ロードスターの錆やすい場所で致命的な箇所といえば、このサイドアウターシルの下部になるでしょう。

>特にリヤフェンダーの下部と重なり合わさる部分。

>ホイルハウスも錆やすい箇所ですが、その一番底になる部分。

>(ロードスターの場合、正式な部品名はインナーピラーリヤーと呼ぶ)

>水分がたまりやすい構造になっており、年月をかけ外側に塗装の剥がれとしてわかるようになってくる。

>もうこうなったときには外側のパネルのみならず、むしろ内部で相当進行していることになるものです。

>原因は何かといいますと、錆の発生が外側からのダメージ、たとえば飛び石で塗装が欠けたり、

>縁石などに突き上げたりして凹ませ、塗装がヒビ割れての発錆ではなく、

サイドシル内部に溜まった湿気が原因となり、ジワジワと月日をかけて錆が広がっていったものと考えられます。    ・・・・・・・・・・     Auto Repair Galleryから抜粋


P1J09486s.jpg

おまけにオープンカーのロードスターにとってサイドシルは車体の剛性を確保・維持するための構造部でここを壊滅的に痛めてしまうと最悪、車の命取りにも繋がるという。

zu_hokyouitem1.jpg
さらに悪いことに、構造的に複雑に入り組んでいる部分なので、簡単にパネルを一枚交換してハイ修理終了とはいかないのが現実。
部品供給も終了しているので、本格的に直すとすると、恐らくレストアに近い長期の修復作業が必要になりそうです。

20年も乗ってきて、車全体が劣化していて、ここを修理してもこれからどれくらい持つか分からない状態なので、サイドシル修復のために膨大な費用がかかるようなら、むしろ修理せずにこのままの状態で出来るだけ長く乗り続けて、車検に通らなくなったら諦めるのが現実的な解決方法かとも思う。

遂にくるものが来たのか! すべて兆候を無視し続けた私の責任。

あ~ 後悔先に立たず!    


今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(39)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NA6 修復前にサイドシルの石膏型を取る(1) [NA6ロードスター修復]

CA392992.JPG

調べるほどに、ロードスターにとってサイドシルの腐食は見逃すことの出来ない症状であることが分かってきました。
特にNA6系はすでにパネル類の供給が終了しており、旧車が真っ先に腐食する部分だけに交換可能な程度に保存状態が良好な中古リヤフェンダー・パネルの入手は期待できないでしょう。

我が車のサイドシルは腐食が結構進んでいるので、完全に錆を取り除くと大穴が開いて原型をとどめなくなる可能性があります。
そうなると修復時に支障が出るので、
修復にはいる前に取りあえず患部の現状の型を取っておいて、今後の修復作業の拠り所とすることにしたいと思います。

CA393010.JPG
洗車してから車庫に入れ、ジャッキアップして馬を入れる。

CA393012.JPG
型取りするために研磨すると錆が崩れて穴が開いてしまった。
まだ周囲が錆で膨らんでいますが、これ以上研磨するとどんどん穴が大きくなって形をとどめなくなりそうなので、これくらいで止めておきます。

CA393015.JPG
アルミテープで錆び穴をふさぎ、これ以上穴が拡大しないように患部を固定します。

CA393019.JPG
石膏ボードの切れ端で、型枠を作ってホットボンドで組み立てる。

CA393020.JPG
ボデー部分には油粘土で仕切り板(クッションフロアーの切れ端)を取り付け

CA393021.JPG
型抜き剤としてシリコンスプレーを吹いてから、石膏をといてぼろ布とともに塗りつける。

CA393022.JPG
石膏ボードの堰板をホットボンドで取り付けて、石膏を上まで流し込んで今日の作業は終了です。

CA393027.JPG
2~3日置いておくつもりでしたが、翌日見ると石膏と車のボデーの接触部に少し隙間が出来ています。

CA393029.JPG
シリコンスプレーが効いていて、あっけないくらい簡単に外れました。

CA393033.JPG
外枠を付けて、パテで大まかに石膏の気泡を埋めたらメス型の完成です。
錆びによる膨らみ(メス型の凹み)が気になりますが、膨らみの修正はメス型をいじるより、オス型を削って修正するほうが楽そうなのでメス型はこれにて完成とします。

CA393034.JPG
ついでにメス型を使い、厚紙でパネルの断面を写し取ります。

CA393036.JPG
患部の前後2枚の断面厚紙を切り出し

CA393037.JPG
補強鋼板のパッチを製作する際の治具(ゲージ)として使用するつもりです。


今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(43)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NA6 サイドシル患部のオス型を作る(2) [NA6ロードスター修復]

CA393137.JPG
サイドシルのメス型に目止めのラッカーを吹き、乾燥後離型剤のカリセッケンを塗り広げます。

CA393138.JPG
離型を助けるため取っ手を埋め込み

CA393139.JPG
所定の位置まで石膏液を満たして乾燥させる。

患部2.JPG
翌日、離型する際に取っ手は役に立たず、結局、ゴムハンマーで裏からトントンたたくとストント落ちてきた。
オス型は、患部の錆で膨らんだ部分が飛び出しています。

CA393146.JPG
オス型を修正する前に、ロードスターの反対側の左側リヤーサイドシルでカーブを確認します。
前後には、ほぼストレートの2次曲面なので板金はそれほど難しくないはずです。

CA393147.JPG
オス型の削りすぎを避けるため、軽く着色スプレーしておきます。(耐熱塗料が余っていたので黒にしました)

CA393148.JPG
ボードやすりを使用して、錆で膨らんでいる部分を削り、ラインをストレートに修正します。
車体にヤスリを掛けると多分このように穴が開くはずです。
このオス型で、補強方法を検討し、鋼板パッチを形成する際の治具として使用します。

CA393150.JPG
ついでに、メス型にモルタルを流し込み、補強用の金網を埋め込みます。(金網を2枚入れてモルタルで充填する)
こちらは板金の際の金型代わりに使えないか試作してみることにしました。

CA393152.JPG
モルタル製のオス型が出来たので、石膏型を参考にしてボードヤスリで錆びのふくらみ部分を削り取りラインを整えます。

CA393158.JPG
モルタルを流し込んだ翌日で、硬化してないせいか、意外に楽に削れて、綺麗に整形できました。

CA393249.JPG
ポリ板をドライヤーの熱で曲げて、板金ベンディングのシミュレーションをして見ます。

CA393248.JPG
2次曲面でピッタリカバーできることを確認できました。 (鋼板をどうやって曲げるかが問題ですが)
万策尽きたら、このポリ板で誤魔化すのも有りかも

モルタルにこの程度の加工性があると事前に分かっていたら、石膏のオス型は最初から作成する必要はなかったかな~。


今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(37)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NA6 サイドシル(構造部)の腐食調査 [NA6ロードスター修復]

多くの修理画像から分かったNAロードスターのサイドシルとリアフェンダーの接合部の構造は

無題1qaghj.JPG
おおよそこんな取り合いになっているようです。
サイドシル後部に、リアフェンダーを外側からオーバーラップさせて、構造強化を図っているのです。

index.jpeg
サイドシル内の水は水抜き穴を経由して外部に排出されます。

しかし、サイドシルとリアフェンダーの間に入り込んだ水、結露は排出口がないので、内部に滞留したまま錆となり、内部から月日をかけて確実に腐錆が進行してゆくことになります。

CA392994.JPG
すべてのNAロードスターの錆はここから始まり重症化していくので、発売から22年以上経過しているNA系ロードスターの中古リヤフェンダーの健康なドナーを探すのは絶望的といえます。

でも、だからと言っても今から悲嘆にくれるのはちと早い。

screenshot.468.png

なぜならオープンカーのロードスターは、フレーム構造で車体強度を確保しているからです。

一般の乗用車のようにモノコックボデーではないので、たとえ外皮(フェンダー)が腐食して穴だらけになっても車体強度にはほとんど影響がないということです。

別の言い方をすると、車体のフレーム(サイドシル)の腐食が深刻なものでなければ、外皮(フェンダー)の修理はどんな方法でも、どんなにヘタッピーでも自分がそれを納得できるなら何でもすべてOK !

希望の光が差してきました!

そうと分かったら早速、問題の内部サイドシル(構造部フレーム)の腐食の程度を確認してみましょう。

1.サイドシル(構造部)の腐食具合確認

(1)ジャッキと馬でお尻を持ち上げ固定してから作業開始

無題1qa.JPG

(2)最初にリヤフェンダーの錆を取り除き、内部を見れる程度に傷口を開口して内部サイドシル構造部にアクセスできるようにする。

CA393012.JPG
ボードやすりで錆で膨らんでいる部分を削り取って行く

CA393186.JPG
思わず目を背けたくなる惨状です。 うわ~これは駄目かも~!
勇気を振るって現れたサイドシル(構造部)と思しき醜い錆びの塊を突き崩すと

CA393188.JPG
何と大部分が砂でした!
砂が入っているということは、当然融雪剤もサイドシル内に浸入していたことになります。
対策はあとで考えることにして

CA393192.JPG
小さなハンマーでフェンダーを軽く叩きながら、フェンダーとサイドシルの間に入って膨らみの原因になっている錆を掻き出して、ボディーラインをストレートに近付ける

CA393195.JPG
完全にゾーンに入ってしまいました。 時間を忘れて錆び取りに熱中します。

CA393197.JPG

小さなタガネを使って、地金が出るまで錆を丁寧にそぎ落とすと、サイドシル(の一部)が現れた。

NA系サイドシルの修理例を見るとこの部分が一番腐食が酷くなるところなので、この部分の強度が保てるように補修できれば、サイドシルは構造的に延命出来るはずです。
開口部をよく観察するとサイドシル(構造部)は右側の軽減口の下部分を除いては強度が保たれています。
軽減口から鏡を使いサイドシルの内部を観察すると、幸い内部構造には強い錆びは及んでいない!

そこで、高性能防錆樹脂POR-15でこのまま錆を固め、錆で痩せた分をFRPで補強してやることにより、サイドシル構造部分の強度は維持できると判断しました。 (私的には・・・願望をこめて)

修復の前提であるフレーム(サイドシル構造部)の強度確保の問題をクリヤーできそうなことが分かったので、勇気を出して、これから独力でAN6CEサイドシルとボデーの修復・延命処置にトライすることにします。

最初は、サイドシル(構造部)の徹底防錆と補強対策から取りかかることにします。



今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(38)  コメント(22) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NA6 サイドシル患部の補強 [NA6ロードスター修復]

サイドシルの徹底防錆・補強対策を実施する。

無題nmbv.JPG
(サイドシルの形状が予想と異なっていたので修正しました。)

1.防錆び剤POR-15シリーズによる防錆び作業

通常の防錆剤は、下地の錆を完全に削り取ってから塗る必要があります。
錆が残っている状態で防錆剤を塗ると内部の錆が膨らみ防錆剤の皮膜を突き破って成長してしまうからです。

しかし今回のように満遍なく腐食が進んだサイドシル部材・リアフェンダーパネルから錆を完全に削り取ること自体が困難なうえ、完璧を期すと外形と強度を保つことが出来なる恐れがあります。
ここで登場するのが、レストアラー御用達のPOR-15です。

もともとは船舶用防錆剤として開発されたもののようですが、錆びの上からこれを塗ると錆に浸透・同化して強力な塗膜を形成するという優れもので、ガラスクロスのレジンとしても使用できるので、さび錆びのボデーをFRP強化することもできるということで、旧車のレストアラーにとって神のような存在です。

私のNA6ロードスターの修復もPOR-15の力にすがることにします。

POR-15 SHOP

CA393198.JPG

(1)POR-15METALREADY(防錆下地処理剤)で防錆下地処理する。(錆の残留OK)
  除錆、防錆、下地プライマーをかねて、患部を念入りに洗浄する、(浸透性の防錆効果有り)

CA393199.JPG
METALREADYを十分にスプレーして奥の隅々までブラシで洗浄する。
METALREADYが錆びに浸透して、色が次第に黒ずんできました。 完全に乾燥するまで待ちます。

(2)POR-15 RUST PREVENTIVE PAINT をたっぷり刷毛塗りして患部を防錆・補強する。(錆の残留OK)

CA393237.JPG 
開口部から刷毛が届く範囲で内部の金属部材に満遍なくPOR-15 RUSTを塗って、腐食部に浸透・防錆し、同時に強力な皮膜で補強してやります。

CA393238.JPG
 特にリヤフェンダー下部の隙間は水のたまり場所になるので、筆を使って狭い部分にまで充填してやります。

CA393240.JPG
POR-15の一回目の刷毛塗りが終わったところです。
乾燥後は強固な皮膜を形成して、カチカチに硬化して溶解除去できなくなるので、衣類や身体に付着させないように十分注意しなければならない。
 (使用後の缶の蓋に塗料が付いていると2度と開かなくなるという噂です。)
 
(3)錆びたサイドシル患部をFRP補強する。
  
CA393236.JPG
4時間後、サイドシル患部にPOR-15 RUST を上塗りして、テープ状に切ったガラスクロスを密着していく。

CA393242.JPG
NA6サイドシル修復
http://kyoutan.jpn.org/uts/car/rustrepair/
POR-15 RUSTを筆でクロス上から浸透させ下部のPOR-15 RUSTと上下一体化させる。
患部が凸凹しているので、厚地のガラスクロスを密着させるのに苦労する。
少し時間が経過してPOR-15 RUSに粘りが出たころを見計らい浮いている部分を密着させます。 
 
CA393246.JPG 
POR-15 RUSTの硬化時間は思ったよりゆっくりなので、1層目が硬化始めてから2層目を積層します。
POR-15 RUSTが生乾きの状態のうちにガラスクロスを積層していく
特にリヤフェンダー下部の隙間を空けておくと今後も水のたまり場所になるので、隙間を埋めるようにガラスクロスを充填してその上からPOR-15 RUSTを浸透させて積層していく。
( POR-15 FRPは開口されたフェンダー内に治めて、鋼板パッチの邪魔をしないように気を付ける。)

おおよそ5層くらい積層したところで、グラステープがなくなったので積層を終わりにします。
これで、錆びのために痩せていたサイドシル金属部分の強度をある程度修復できたと思います。(切なる願望)

次の作業に必要な、板金材料がまだ届かないので、一度、ロードスターを使えるようにします。

CA393249.JPG
先日試しに作ったポリ板で傷穴を仮に塞ぎ  

CA393255.JPG
上からカラーテープで ポリ板を抑えてやります。
鋼板のパッチをフェンダーの上から当てて修理したのでは、パテで修正する部分が広範囲になってしまいそうです。
パッチの当て方に一工夫が必要ですね! 

CA393256.JPG
ホイールハウスのフランジから浸水の疑いがあるので、テープで補修仮止めする。

CA393304.JPG
サイドシル内に大量に溜まっていた砂は、ホイールハウスから浸入が疑われるので、ホイールハウス内のパネルの合わせ目にDUCT TAPEを貼って応急処置しておくことにします。

CA393257.JPG
遠目には全く問題ないようでしょう!
黒色DUCT TAPE で補修してこれで終わりにしたい誘惑にかられます。(笑)

今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(37)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - NA6ロードスター修復 ブログトップ