So-net無料ブログ作成
地上デジタル放送対策 ブログトップ

デジタルアンテナ [地上デジタル放送対策]

我が家は、山合にあり、TV〈特にUHF)の難視聴エリアにあります。

悔しいことに、VHFのNHKだけは何とか受信できるので聴視料の対象になっている。Uのアンテナは、雪の重量で壊れて落ちてそのまま

地上デジタル波をUHFアンテナで受信することになると、今度はNHKだって見えるとは限らない。

地デジ説明会や家電量販店で相談するがだれもが映して見なけりゃ分からんと言う、だいたいサテライト局が正確に何処に設置されているのか、説明できる人がいない。

北海道地区の地デジコールに照会すると電波の測定車はあるのだが、奥地に入っていていつ戻るか分からんと言う。

北海道には、まだまだ電波の届かない地域が、沢山残っており、映るのを確かめてからということで、デジタルTVの買い替えも進んでいないと聞いた。

それはそれとして、国策でデジタル化を進めながら、NHKが映らないようなら、聴視料は払わんぞとばかりにNHKに電話すると言うではないか

「既にデジタル対応のテレビをつけていて、写りが悪い場合は調査するが、これからつけた場合に映るかどうかの事前の相談にはには乗れない」

それじゃ、これからUHFの高性能アンテナを新たに設置して、デジタルテレビ購入したとして、もし映らなければどうしてくれるんだ。そこで一計を案じた。

3549777
ワンセグの映り具合がイマイチでフルセグの写りが心配なので調査して欲しいというとなんとかOK

3549127
渋っていたわりにはすぐ来てくれた。

3549128
サテライト局に向けたアンテナがぐんぐん伸びる。

3549129
最長10メートルに到達

3549130
きれいに写ることを確認、オールA。   わが健康診断の結果と大違いの好成績だ

ここ数日の胸のつかえがとれたような爽やかさ

さー、早速アンテナとテレビを購入して、ケーブルテレビを解約しなければ  ルン!  ルン!



下記サイトも情報が満載です。ご興味ある方はどうぞご覧下さい。

どうしても手に入れたければ、自分で作ってしまおう!
ロートレーのDJY

「車旅車中泊と生活の知恵」

「車中泊改造アイデア集」(にほんプログ村トラコミュ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ シトロエンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

デジタルTV [地上デジタル放送対策]

我が家にも地デジの電波が届いていることが確認できたので、早速、量販店にデジタルTVの下見に行きました。

カナダ冬季オリンピックも終り、3月末でエコポイントが変わり、エコの対象から外される予定のTVの値下げセールと決算セールが重なり、どの店も在庫商品整理の値下げ競争の真っ最中です。

乏しい知識で、組み立てた当初希望のTVは、ウエブアルバムmy picture townに接続可能な、インターネット対応のAQUOS、フルハイビジョン40インチ、ブルーレイ録画機能付きといったところでした。

ところが、店員さんに色々質問するうちに、目からうろこ、かなりの思い違いがはっきりしてきました。

それは、えーちゃんのブルーレイコマーシャルの裏返しだった。
「デジタル放送は、ハイビジョン以上の放送は行っていないので、それをブルーレイで録画しても、 放送電波から録画再生できるのはハイビジョンどまりの画質に止まる、ブルーレイのコンテンツ(レンタルDVD)を使わない限りフルハイビジョンの画質は見れない、ブルーレイビデオは宝の持ち腐れということだった。

そうすると、デジタルテレビ放送の受信だけならフルハイビジョンは不要かと言うとそうもいえないので困ってしまう。
BSハイビジョンは地デジハイビジョンよりわずかに高密度なので、2台を並べられるとその違いが分かってしまう。
たいして変わらないのだからハイビジョンでよいと割り切れないのが歯がゆいところです。

ヤマダ、ケーズ、コジマとはしごして、最終的に絞り込みした商品は、画質優先設計で画質はトップクラスにありながらシンプルな基本機能で価格を抑えたマニアックな REGZA R9000

1.フルハイビジョン40インチ
  TOSHIBA REGZA 40R9000(USBハードデスク対応録画方式、2チューナー)
   3月7日現在 店頭価格 105,000円   (エコポイント23,000円、リサイクル5000円)

2.ランキング1位のUSBハードデスク
     BUFFALO HD-CL1.0TU2(1000GB)   ウェブ価格 8,883円

  TVリモコン一台でハイビジョンの録画再生が自在に出来るので当面はこれでOKとしよう、
  ブルーレイはレンタルDVDが充実されたら、そのときには外付けビデオを検討すると良いだろうと割り切る

3.TVにはHDMI入力端子があるので、PCやAQUOSフォトプレーヤーに接続するとデジカメ写真をハイビジョンのスライドショーで楽しめる。 旅行後の楽しみが増えそうです。

3550043

それから毎日ネットで検索していると、ついに、AMAZONでREGZA40R9000が 89,756円(送料無料)の最安値になった。

これはお買い得と、先にこまごましたアンテナ周りの発注を済ませ、さあTV本体を発注しようとしたら

えーっ、無くなってるう~。いつの間にか10万円を超えてしまっているう~! 

相場並みの逃げ足の足の速さは、在庫セールも終盤なのかもしれない。

FXならここで成り行き買いといくところかもしれないが、気分が乗らないので、REGZAのほかの

機種を探るとウェブショップで、売れ行き1位、人気の37Z9000がまだ10万円を切っている。

REGZA Z9000.jpg

これなら、SDスロット付きなので、フォトプレーヤーなしでフルハイビジョンの写真をたのしめる。

インターネット対応、ゲーム対応とあらゆる面でR9000を上回っているので、これにしよう。

送料無料で 98、650円で成約を確かめた後、会社の詳細をみたくて、再度価格ランキングサイトに

戻ってみたら同社の広告表示が無くなっていた、最後の1台だったのだろうか?

とても妙な気分



下記サイトも情報が満載です。ご興味あるサイトをどうぞご覧下さい。

どうしても手に入れたければ、自分で作ってしまおう!
ロートレーのDJY

「車旅車中泊と生活の知恵」

「車中泊改造アイデア集」(にほんプログ村トラコミュ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ シトロエンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

UHF,BSアンテナ設置 [地上デジタル放送対策]

ようやく、全資材が揃ったので、いよいよデジタル対応アンテナの設置です。

CA390616.JPG

設置場所は、施工の容易さとその後のメンテナンスを考慮して、チムニーに取り付けることにしました。
支柱は直径32ミリのステンレスポールを突き出し金具に取り付け、チムニーにネジ止めしました。

CA390608.JPG

UHFアンテナの根元に小型ブースター(YAGI DPW03 ¥3,171)を取り付け、同軸ケーブルを伸ばします。

CA390618.JPG

ケーブルはチムニーの換気フードから屋内に導き入れます。

CA390614.JPG

ところが、電波チェッカー〈日本アンテナ NL30S ¥4,387)が全然反応しない。
ブースター付きのUHFアンテナは、説明書どおりにアンテナとチェッカーを接続しただけでは作動しないのかもしれません。
そこでTVからの同軸コードもチェッカー接続して、通電状態で測定してみましたがそれでも全く作動しません。
せっかくのチェッカーもこれでは宝の持ち腐れ。
いろいろ、やってみたがお手上げ状態。

CA390619.JPG

翌日、TVの初期設定をリセットしたうえで、再度チェッカーで電波を測定すると、アンテナの感度が反応するようになりました。
どうやら、初期設定がアンテナ通電になっていなかったようです。

CA390620.JPG

とにかく、チェッカーが作動すれば作業は早い。感度抜群のインジケーターを頼りに、UHFとBSアンテナの最適位置を求め、設置を終えるとこんな状態に!

なんとUHFTVアンテナの方向が、先日、NHKの測定車が狙った方角と90度も違うじゃないか?

CA390625.JPG

それでも、地上デジタルテレビもBSデジタルも綺麗に見れるし、感度は各チャンネル平均60前後を得ることが出来ました。
アンテナ方向の不審を確かめたいところですが、二日がかりのすったもんだで考えるのも嫌になりました。
TVの説明書によれば、感度43以上あれば視聴可能ということなのでとにかくこれで良しとしましょう。


今回デジタル放送対応のために新たに調達した資材は

UHFアンテナ(YAGI U-DW25 20素子) 2,980
BS/CS/110度アンテナ(TOSHIBA BCA-453K) 5,350
BS/UHFミキサー (YAGI CS-DFHW-B) 3,980
小型ブースター(YAGI DPW03 B6) 3,171
4分配器(DYD-4AT全電通)               1,273
UHF/BS分派器(YAGI CBE20D-B) 1,853
同軸ケーブル(DX S5CFB10B)×2           3,136              
アンテナチェッカー(日本アンテナ NL30S B6) 4,387
F型接栓、F型中継接栓 2,507
支柱支持金具×2                      4,100

                     合計        32,737円

できるだけ部品単価を圧縮したつもりでも、トータルすると結構な金額になるものですね。
しかし、もともと難視聴エリアで今までケーブルTVに月4,179円も支払っていたのですから、8か月で投資額は回収できると考えることにしましょう。



日本アンテナ 家庭用受信機器 BS/UHFチェッカー NL30S

日本アンテナ 家庭用受信機器 BS/UHFチェッカー NL30S

  • 出版社/メーカー: 日本アンテナ
  • メディア: エレクトロニクス








下記サイトもこだわり情報がいっぱいです。ご興味あるサイトがあればどうぞご覧下さい。

どうしても手に入れたければ、自分で作ってしまおう!
ロートレーのDJY

「車旅車中泊と生活の知恵」

「車中泊改造アイデア集」(にほんプログ村トラコミュ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ シトロエンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
地上デジタル放送対策 ブログトップ