So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

自作ULPのコントロールシステム [機体設計]

自作ULPのコントロールシステムはMC16 CRICRI を参考にしたいと思ってきました。
理由は、フラッペロン機構を採用しているので、主翼の脱着の際のリンケージがシンプル(リンケージ2箇所)であることです。

0qw.jpg
しかし、MC16はコントロールスティックが主翼桁より前に配置されているため、内部の取り回しがかなり複雑になり、工作上のネックになっていました。


dscn2182.jpg
一方、ミッチェル・コロンバンの最新鋭ULPMC30 LUCIOLE はコントロールスティックが主翼桁より後方に配置されていて内部接続はかなりシンプルになっているようですが、

image33.jpg

img_7114.jpg

image36.jpg

なぜか、どの組み立て画像を見てもフラッペロン機構らしきものが見当たらない。

cotes_10.jpg   

MC30E_Ph11pt.jpg
PIK26 も SD1 も最新のMLPはいずれもフラッペロン機構を備えているので MC30も当然と思い込んでいたのだが、よくよく見ると、MC30のウィングルートの大部分はフラップで、エルロンは翼端部分だけであることをうかつにも今気付いた。!

な~んだ!そういうことなら話は別、リンケージが2箇所増えるだけなので、即フラッペロンを諦め、翼端エルロンとフラップを分離する方向に舵を切り直し、コントロールスティックは翼桁後方に配置することでコントロールシステムの検討をすすめることにします。
PLANSが入手できていないので、ウエブ画像を漁って、構造細部を確かめてみます。

pict0387.jpg
左は多分フラップ

image50.jpg
これは多分エルロン

pict0741.jpg

pict1910.jpg
ノーズ部分に走る長いパイプはエルロンのコントロールロッドだろうか?

img_2616-300x224.jpg
大分構造が見えてきました。

RIMG3307.JPG
コントロールスティックが主翼桁の後方であれば、構造的にシンプルなWINDWAGONのスティックでもいけそうです!

これらを参考に図面を引き直すことにします。

Friedrischafen-AERO2012-N3b.jpg
目指すは、挿入式のデタッチャブルウィングです。
(挿入口のすぐ後ろの小さな穴は、エルロンのコントロールロッドを通す穴に間違いありません)

nice!(19)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 19

コメント 8

ma2ma2

エルロンとかも飛行機によっては場所が違ったりしますね!
Boeingの高速エルロンは羽の内側ですが、Airbusは外側だったりですね。
そう言えば今回ハワイでPIPERの双発機ではギアアップとギアダウンしました(^^)
by ma2ma2 (2018-06-29 21:06) 

kinkin

着々と製作が進んでいますね・・・・・・^^;
by kinkin (2018-06-30 04:53) 

ワンモア

すごい!着々と準備されていますね(´⊙ω⊙`)
フラッペロンでないんですね。何でだろう?フラップ部分が大きいのにちょっと驚きです。挿入式は収納に便利そうですね^^
by ワンモア (2018-06-30 09:58) 

ロートレー

ma2ma2さん
PIPERの双発は高速機で、ランディングギアは格納式なんですね
格好いいな~
MLPは、空気抵抗を減らすのに車輪にスパッツをはかせるくらいですからね~^^
by ロートレー (2018-06-30 14:33) 

ロートレー

kinkinさん
今は構想だけが先走りしている感じですが、少しずつネックが解消されているので、製作に着手してからの作業時間を短縮できそうです^^

by ロートレー (2018-06-30 14:46) 

ロートレー

ワンモアさん
MC30は超軽量機として、徹底した軽量化を図った機体のようですので、
エルロンには運動性よりも安定性を求めた結果かもしれませんね
自分もそれに倣うことにしました^^
by ロートレー (2018-06-30 14:55) 

tsun

内部は、『紅の豚』に出てくる飛行艇のようですね。
こんなにも準備が進んでいるとは思いませんでした。
by tsun (2018-06-30 17:15) 

ロートレー

tsunさん
コンポジット機は新素材による技術革新がありますが、木製の機体の基本構造は『紅の豚』の飛行艇の製造方法とあまり違いがないのかも知れませんね^^
by ロートレー (2018-06-30 21:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。