So-net無料ブログ作成

e-bay で Saitek X45 スロットル をゲット! [飛翔技術・飛行訓練]

FSXをフライトシムとして使用して飛行訓練の真似事をしているうちに、左手で操作できる独立スロットルがどうしても欲しくなってきました。

フライトシムの飛行訓練を繰り返すことで、実機に搭乗した時に無意識に手足が動くくらいに、操作を体に覚えさせる必要があると思ったからです。

新品は、驚くほど高価なので、E-BAYで Saitek X45 Flight Controlの中古品をゲットしました。

RIMG3021.JPG

 Saitek X45   購入金額 US 68.18 ドル(7,574円)
個数 1個 (スロットル1、ジョイスティック1)
商品総額 US 46.99 ドル(約5,220円)
セカイモン手数料 US 7.2 ドル(約800円)
米国内配送料 US 13.99 ドル(約1,554円)
米国内消費税 US 0.0 ドル(約0円)
B国際送料 4,092円(事前決済対象) 費用について解説
米国→日本/国際配送料※燃油サーチャージ、保険料込 4,092円
合計支出額      11、666円

RIMG3027.JPG
 Saitek X45 は スロットル1、ジョイスティック1 のセットになっていて、1本のUSBコードでPCに接続します。
「新品同様」のキャッチフレーズは嘘でなかった!、なかなか綺麗で、動きも滑らかです^^
早速、接続して動作の確認をします。 

RIMG3029.JPG
ドライバーCDが添付されていなくて、FSXに認識されるか心配したが、さすがSAITEK、、接続したら即、自動的にSaitek X45が認識されました。

RIMG3026.JPG
スティックの各ボタンに機能を割り付ける。
ジョイスティックのトリガーに画面切り替えSキーを、③ボタンに一時停止のPキー、②ボタンにプレイ中止のESCキーを割り当てて、プレイ中はキーボードに触らなくてもよいようにセットします。

RIMG3025.JPG
スロットルは、パームレストと言った方が良さそうなくらいにゆったりと大きくて、握るというより手のひらを乗せて操舵する感じで、操作ボタンを沢山割り当てできます。
ストロークも十分に大きくて、滑らかで重厚(どの位置でもとどめることができる)
これで計器版の回転計を見ながら細かなスロットルワークが可能になりました。

RIMG3036.JPG
早速、使用開始。

左手をスロットルに乗せたまま状況に応じて、自在に出力を調節できます。!

これなら着陸時の微妙なスロットルワークを早期に習得できそうです。!



nice!(21)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リダクション改造計画  (プロペラの小径化) [機体設計]

 reduction改造 の検討

テールドラッカーの扱いづらさを改善するために自作ULPは、プロペラを小径化して、機軸を水平に近づけたいと思っています。

所有のZENOAH G50 エンジンは

CA390499.JPG
ZENOAH50G 484CC 40HP  ( 5,800rpm) 
リダクションの減速比は約  2.36 : 1 でプロペラの回転数は 2,457 rpm
標準のプロペラは、60”×30”なので
巡航速度MAX = 30×25/1000×2457×60×0.85/1000 =110.5km しか出ず物足りない。

標準の60”プロペラを小径化するにあたって、
世界の優秀なULPやMLPのプロペラの直径と回転数を参考に検討を進めることにします。


機 体     馬力  ペラ回転数   プロペラ・サイズ・ピッチ  巡航速度MAX

CMSshadow   50HP  3,333rpm    50"×35”       137km
ROBIN ATL    50HP  3,000rpm    59"×28”       166km
AN-2       43HP  3,068rpm    51"×45”      170km  1 : 2.1


AN-2 とほぼ同じ50”×45”の小径ペラを使用して、ULP規格の最高制限巡航速度185Km/hを出すための減速比Xを求める式を作る。

巡航速度MAX = 45”×25/1000×5800/X×60×0.85/1000=185
減速比 X= 1.8 :1
(プロペラの回転数 = 5800÷1.8=3,222 rpm)

上記の式から
50”小径ペラを使用して巡航速度185Km/hを出すためには
 1.8 : 1 の リダクションに交換する必要があります。

しかし、残念なことに、小松ZENOAH はハスクバーナーに吸収合併され、ZENOAH航空エンジン部門は消滅してしまったので、以前オプションで提供されていたリダクション部品の入手やサポートは今や絶望的です。

このような状況では、現有のリダクションの部品をなるべくそのまま生かして、最少の改造で、リダクションを 1.8 : 1 の減速比に変更する方法を考え出すしかありません。

< 改造案概要 >

RIMG2997.JPG
1. 下段の小プーリーの直径を大きくして、上段大プーリー直径 :下段の小プーリー直径 =1.8 : 1 に改造したい。

RIMG3012.JPG
2. 上段大プーリー直径が165mm なので下段の小プーリー直径(直径70mm)を直径を92mm に変更する。
(小プーリーのほうが構造的にシンプルなので、アルミの切削業者に製作依頼できる可能性がありそうです)

imagesjk.jpeg
3. ベルトを新品に交換する。バンドー化学 BANDO RIB-ACE 15PK730  )
imagesdf.png


RIMG3015.JPG
エンジンのクランク軸は1/10テーパーエンドになっている。

RIMG3013.JPG
小プーリーは、クランク軸の1/10テーパーエンドと結合されています。

RIMG3010.JPG

4. 下段の小プーリー現物(3-1)から、新たに直径92mmのプーリーに作り直してくれるアルミ切削加工業者を探す。

  この業界は、個人客をターゲットにしていないので、法人オンリーが当たり前の世界です。
 幸い、個人の小物の製作依頼を受けてくれそうな数少ない工場を発見しました!

   アイハラ製作所 https://www.aihara-ss.jp/ 個人可、1個可、図面無し可 (札幌)
   ミタケ精密 http://www.mitake-seimitsu.com/  個人可、1個可、図面無し可 (花巻)

とりあえず、所有のリダクションを分解して、小プーリだけを取り出して、見積り依頼してみようと思います。

一時は諦めかけた夢がこれで何とか繋ってくれるとよいのですが・・・・・・・・



( 続く )

nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー