So-net無料ブログ作成
検索選択
コロナFF床暖NEO を 取り付ける ブログトップ
前の2件 | -

FF床暖コロナ・スペースネオを取り付ける(1) [コロナFF床暖NEO を 取り付ける]

CA390298.JPG

毎年秋口は、薪ストーブを引っ張り出してきては炎を楽しんできました。

しかし我が家の煙突は一箇所しかないので、本格的な冬が到来すると、また重い薪ストーブを納戸に移動して、今度は灯油床暖房ストーブの出番になります。

でも今年の冬は、原木を沢山頂いた関係で、薪ストーブの出番が長くなりそうなのと、そろそろ薪ストーブの移動もしんどくなってきたので、暖房機の構成全体を見直すことにしました。


bvc.jpeg
そこで、マキストーブとは別に、FF式の床暖灯油ストーブを居間の別の場所に設置して、冬季間もストーブ交換をしなくても済むようにしたいと思います。(写真はコロナのパンフレットから借用)

i-top_uh-fsg7014k-w.jpeg
例によって、できるだけ経費を安くするため、型落ちのコロナ・FFの本体をKAKAKU.COMの最安価格で入手して、自分で設置することにします。(UHF-FSG7014KW)メーカー希望小売価格:292,680円 販売価格156,800円(税込み、送料無料)

images123.jpeg
設置上の問題点は、ストーブを設置したい場所の屋外には外階段があって、標準排気である背面壁には排気できないので、吸排気管を室内で直角に右に曲げて右壁から外に排気する必要があります。

imagesihe.jpeg

標準装備部品をできるだけ生かして、追加部品が最小になるようにプランニングしてみます。

無題uythjkkhhhhhhhhhhhhxxxxxxxxxx.JPG
イメージとしてはこんなところです。

コロナサービスセンターで追加必要部品を確かめると

A.   直管ジョイント  F-24R    ¥1,100
B.   伸縮管      F-21R    ¥2,000
C.   断熱クロス    F26(B)    ¥2,100    
D.   吸気ホース    F57 ¥900          合計 6,100円   

CA394110.JPG
本体が届きました。
ロイヤルホワイト色って、現物を見ると真っ白じゃなく白とシルバーのツートンなんですね
周囲に溶け込んでいるようなのであまり」違和感はありません。

追加部品が届いたら、ここの場所(チェストの位置にビルトイン)に取り付けようと思います。


今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(41)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FF床暖(2) 外壁に給排気筒の開口部を設ける  [コロナFF床暖NEO を 取り付ける]

CA394110.JPG
ストーブ自体が目立ちすぎないように、チェストを一本抜いて、そこにビルトインしようと思います。

(1)カウンタートップ

CA394115.JPG
ところが、ビルトイン対応を謳っているにもかかわらずストーブの操作盤が上面にあって、ビルトインすると天板が邪魔になります。

CA394135.JPG
そこで、操作版部分の天板に穴を開けてみた。

CA394136.JPG
天板との接触面に不燃材を追加する必要がありそうですが、こんな感じで使用したいです。、


(2)暖房機本体に、給排気延長管を取り付ける

給排気管をストーブの右脇側に出すためにオプション部品を取り付けます。
これが終わらないうちは、給排気筒の開口部の位置決めができません。

CA394138.JPG
本体裏面の排気エルボを押さえているプレートを外してエルボを抜き

CA394140.JPG
直管ジョイント(F-24R)に差し替えてから

CA394142.JPG
エルボと伸縮管(F-21R)を取り付け、排気管を延長します。
ここまで組み立てできたら、壁に給排気筒を通す開口部を位置決めできます。


(3)外壁に給排気筒の開口部を設ける。

CA394156.JPG
室内壁と外壁の開口部の位置ズレが嫌なので、室内から長いコンクリート・ドリルビットでパイロット穴を開ける。
(木工用のギムネを使うとグラスウールが綿アメのように絡みついてしまうので・・・)

CA394157.JPG
パイロット穴を頼りに給排気筒を通す穴(75パイ)を開口する。

CA394162.JPG
室内壁は石膏ボードを開口

CA394163.JPG
外壁は、構造用合板を開口して、

CA394165.JPG
スリーブ(付属品)を通したら

CA394166.JPG
スリーブの形に合わせて外壁サイディングをカットして、

CA394168.JPG
ステンレスネールで外壁サイディングを貼り付け、コーナーのカバーを元に戻したら外壁回りは完成です。

天気が崩れてきましたが、なんとか間にあいました。

明日からは、室内工事に専念して完成を目指します。


今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(40)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - コロナFF床暖NEO を 取り付ける ブログトップ