So-net無料ブログ作成
検索選択
NA6ロードスター修復 ブログトップ
前の2件 | -

NA6サイドシルの腐食は命取り! [NA6ロードスター修復]

uiw23e23.JPG
NA6CEロードスターをエコでスタイリッシュな買い物カーとして20年間乗り続けてきました。

oiu.JPG
2~3年前から、リヤフェンダーのサイドシル部分の塗装が膨らんできていて、気にはなっていたのですが、怖くて見ない振りしていたが、今朝よく見ると

CA392991.JPG
うっわ~ 皮膜が破裂してる~  これはまずい、ここまできたということは内部の構造部分もかなりいってしまっている可能性がある。


uiw.JPG

改めて調べてみると、NAシリーズのサイドシルは水抜きとして使用しており、リヤサイドシルは特に腐食が発生しやすいことで有名だった。

 Auto Repair Galleryから抜粋 ・・・・・・・・・

>ロードスターの錆やすい場所で致命的な箇所といえば、このサイドアウターシルの下部になるでしょう。

>特にリヤフェンダーの下部と重なり合わさる部分。

>ホイルハウスも錆やすい箇所ですが、その一番底になる部分。

>(ロードスターの場合、正式な部品名はインナーピラーリヤーと呼ぶ)

>水分がたまりやすい構造になっており、年月をかけ外側に塗装の剥がれとしてわかるようになってくる。

>もうこうなったときには外側のパネルのみならず、むしろ内部で相当進行していることになるものです。

>原因は何かといいますと、錆の発生が外側からのダメージ、たとえば飛び石で塗装が欠けたり、

>縁石などに突き上げたりして凹ませ、塗装がヒビ割れての発錆ではなく、

サイドシル内部に溜まった湿気が原因となり、ジワジワと月日をかけて錆が広がっていったものと考えられます。    ・・・・・・・・・・     Auto Repair Galleryから抜粋


P1J09486s.jpg

おまけにオープンカーのロードスターにとってサイドシルは車体の剛性を確保・維持するための構造部でここを壊滅的に痛めてしまうと最悪、車の命取りにも繋がるという。

zu_hokyouitem1.jpg
さらに悪いことに、構造的に複雑に入り組んでいる部分なので、簡単にパネルを一枚交換してハイ修理終了とはいかないのが現実。
部品供給も終了しているので、本格的に直すとすると、恐らくレストアに近い長期の修復作業が必要になりそうです。

20年も乗ってきて、車全体が劣化していて、ここを修理してもこれからどれくらい持つか分からない状態なので、サイドシル修復のために膨大な費用がかかるようなら、むしろ修理せずにこのままの状態で出来るだけ長く乗り続けて、車検に通らなくなったら諦めるのが現実的な解決方法かとも思う。

遂にくるものが来たのか! すべて兆候を無視し続けた私の責任。

あ~ 後悔先に立たず!    


今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(39)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NA6 修復前にサイドシルの石膏型を取る(1) [NA6ロードスター修復]

CA392992.JPG

調べるほどに、ロードスターにとってサイドシルの腐食は見逃すことの出来ない症状であることが分かってきました。
特にNA6系はすでにパネル類の供給が終了しており、旧車が真っ先に腐食する部分だけに交換可能な程度に保存状態が良好な中古リヤフェンダー・パネルの入手は期待できないでしょう。

我が車のサイドシルは腐食が結構進んでいるので、完全に錆を取り除くと大穴が開いて原型をとどめなくなる可能性があります。
そうなると修復時に支障が出るので、
修復にはいる前に取りあえず患部の現状の型を取っておいて、今後の修復作業の拠り所とすることにしたいと思います。

CA393010.JPG
洗車してから車庫に入れ、ジャッキアップして馬を入れる。

CA393012.JPG
型取りするために研磨すると錆が崩れて穴が開いてしまった。
まだ周囲が錆で膨らんでいますが、これ以上研磨するとどんどん穴が大きくなって形をとどめなくなりそうなので、これくらいで止めておきます。

CA393015.JPG
アルミテープで錆び穴をふさぎ、これ以上穴が拡大しないように患部を固定します。

CA393019.JPG
石膏ボードの切れ端で、型枠を作ってホットボンドで組み立てる。

CA393020.JPG
ボデー部分には油粘土で仕切り板(クッションフロアーの切れ端)を取り付け

CA393021.JPG
型抜き剤としてシリコンスプレーを吹いてから、石膏をといてぼろ布とともに塗りつける。

CA393022.JPG
石膏ボードの堰板をホットボンドで取り付けて、石膏を上まで流し込んで今日の作業は終了です。

CA393027.JPG
2~3日置いておくつもりでしたが、翌日見ると石膏と車のボデーの接触部に少し隙間が出来ています。

CA393029.JPG
シリコンスプレーが効いていて、あっけないくらい簡単に外れました。

CA393033.JPG
外枠を付けて、パテで大まかに石膏の気泡を埋めたらメス型の完成です。
錆びによる膨らみ(メス型の凹み)が気になりますが、膨らみの修正はメス型をいじるより、オス型を削って修正するほうが楽そうなのでメス型はこれにて完成とします。

CA393034.JPG
ついでにメス型を使い、厚紙でパネルの断面を写し取ります。

CA393036.JPG
患部の前後2枚の断面厚紙を切り出し

CA393037.JPG
補強鋼板のパッチを製作する際の治具(ゲージ)として使用するつもりです。


今日の記事は如何でしたか?
ブログランキングに参加しております
ブログランキングがブログ更新の励みです。 よろしければ下のボタンから応援してやってください。

セルフビルド ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

飛行機 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
nice!(43)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - NA6ロードスター修復 ブログトップ